• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

噴火警戒レベル引き下げ 箱根山にも中国人客“爆買い”パワー

 噴火警戒レベルが6月に「3(入山規制)」に引き上げられ、大涌谷周辺の立ち入りが規制された神奈川・箱根山。一時大涌谷のゴツゴツとした茶色の斜面のあちこちから蒸気が噴出する映像がテレビで繰り返し流れ、「大噴火直前か」みたいな報道であふれていた。いまは「2(火口周辺規制)」に下がったが、どうなっているのか。

 記者が現地を訪れたのは9月上旬の平日。箱根観光の玄関口、箱根湯本駅前の人通りはまばらで、商店街はシャッターを閉めている店もちらほら。写真を撮っていると商店主らのピリピリとした視線を感じた。話を聞こうと、土産店に行くと「う~ん」と渋い表情。メディアを警戒しているようだ。

「あれだけ大涌谷で白煙を上げる映像をバンバン流されれば、誰も怖くて近寄らないよ。湯本なんて、規制区域から8キロも離れているのに……きちんと報道してほしいね」(地元関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    学長会見は“ガキの使い” 日大理事長が絶対表に出ない理由

  2. 2

    元財務省・田中秀明氏 官僚の「政治化」が生んだ忖度体質

  3. 3

    ブームが去って「残念!」…ギター侍・波田陽区さんは今

  4. 4

    石原さとみに未練か “決断できない男”山下智久に心配の声

  5. 5

    天敵の籠池氏保釈で“劇場”再燃 高まる「6.20会期末解散」

  6. 6

    田中圭「おっさんずラブ」 女性ファン狂喜乱舞の“肉体美”

  7. 7

    テレ朝の刑事ドラマを追撃 “ダークな二宮和也”の心意気

  8. 8

    なぜ打ち切った? “上から目線”の日大広報・米倉氏を直撃

  9. 9

    「除名にしろ」の声も 日大アメフト部を待つ予想外の厳罰

  10. 10

    TVから消え10年超…小橋賢児さんイベント仕掛人になるまで

もっと見る