「子供に悪影響」 パキスタンでドラえもん放映禁止要求

公開日:  更新日:

 パキスタン中部パンジャブ州議会の主要政党、パキスタン正義運動(PTI)の議員が3日、24時間放送のアニメチャンネルの放映禁止を当局に求める決議案を提出した。

 特に、日本のアニメ「ドラえもん」が「子供に悪影響がある」などとしている。敵対する隣国インドのヒンディー語が番組で使用されていることなどを問題視しているようだ。

 この決議案に対し、英字紙ドーン(電子版)には、読者から「主人公が何の努力もせず、ロボットのドラえもんに頼るだけの番組。子供に悪影響だ」と賛意を示す声が寄せられた一方、「日本の子供には悪影響が出ていないのになぜ?」という反対の意見もあったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る