東大合格上位ズラリ 「男子校」にはなぜメリット多いのか

公開日:  更新日:

 受験シーズン真っ盛り。子供の進路に悩んでいる親は多いだろう。もしアナタが男の子の親なら「男子校」はどうか。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、「共学よりはるかにメリットが多い」と説く。その理由とは?

■より自由な男同士の交友関係が築ける

 おおた氏が「男子校という選択」(日経プレミアシリーズ)を上梓したのは4年前。「草食系男子が取り沙汰された時期、どうしたら男の子をたくましく育てることができるのか、その手がかりを探るために男子校を取材しようと思ったのがきっかけ」という。

 取材を進めると、男子校に通わせるメリットが次々と浮き彫りになった。

「まずは女子の目を気にせず、思いっきりバカができること。モテない男子も堂々としていられるんです」

 共学は女子から見て“イケてる男子”と“イケてない男子”に振り分けられ、イケてない男子は必然的に“下”と見られる。低次元の話と侮るなかれ。「こうした階層分けを“スクールカースト”といって、エスカレートするといじめにつながる場合があります」というから怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る