東大合格上位ズラリ 「男子校」にはなぜメリット多いのか

公開日: 更新日:

 受験シーズン真っ盛り。子供の進路に悩んでいる親は多いだろう。もしアナタが男の子の親なら「男子校」はどうか。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、「共学よりはるかにメリットが多い」と説く。その理由とは?

■より自由な男同士の交友関係が築ける

 おおた氏が「男子校という選択」(日経プレミアシリーズ)を上梓したのは4年前。「草食系男子が取り沙汰された時期、どうしたら男の子をたくましく育てることができるのか、その手がかりを探るために男子校を取材しようと思ったのがきっかけ」という。

 取材を進めると、男子校に通わせるメリットが次々と浮き彫りになった。

「まずは女子の目を気にせず、思いっきりバカができること。モテない男子も堂々としていられるんです」

 共学は女子から見て“イケてる男子”と“イケてない男子”に振り分けられ、イケてない男子は必然的に“下”と見られる。低次元の話と侮るなかれ。「こうした階層分けを“スクールカースト”といって、エスカレートするといじめにつながる場合があります」というから怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  2. 2

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  3. 3

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    視聴率急落のNHK「麒麟がくる」に安藤サクラ“緊急登板”説

  6. 6

    北京「故宮」で贋作陶器を販売?日本人観光客が次々被害に

  7. 7

    鈴木杏樹の不倫対応で思い出す…二人の女優が残した“名言”

  8. 8

    「ビリーズブートキャンプ」が大ヒット ビリー隊長の今は

  9. 9

    2.20が新型肺炎パンデミック節目 最大8200万人感染の恐怖

  10. 10

    堀潤氏「分断」テーマに映画 重要なのは“小さな主語”目線

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る