• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東大合格上位ズラリ 「男子校」にはなぜメリット多いのか

 受験シーズン真っ盛り。子供の進路に悩んでいる親は多いだろう。もしアナタが男の子の親なら「男子校」はどうか。教育ジャーナリストのおおたとしまさ氏は、「共学よりはるかにメリットが多い」と説く。その理由とは?

■より自由な男同士の交友関係が築ける

 おおた氏が「男子校という選択」(日経プレミアシリーズ)を上梓したのは4年前。「草食系男子が取り沙汰された時期、どうしたら男の子をたくましく育てることができるのか、その手がかりを探るために男子校を取材しようと思ったのがきっかけ」という。

 取材を進めると、男子校に通わせるメリットが次々と浮き彫りになった。

「まずは女子の目を気にせず、思いっきりバカができること。モテない男子も堂々としていられるんです」

 共学は女子から見て“イケてる男子”と“イケてない男子”に振り分けられ、イケてない男子は必然的に“下”と見られる。低次元の話と侮るなかれ。「こうした階層分けを“スクールカースト”といって、エスカレートするといじめにつながる場合があります」というから怖い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

もっと見る