夏休み旅行を直撃 テロが次に標的にする「危ない観光地」

公開日:  更新日:

 バングラデシュで起きたテロ事件は、日本国内の夏休みの旅行計画にも影響を与えるのは必至だ。最近の円高傾向を背景に、日本から近い東南アジアは旅行代が割安で人気だが、今回の事件で腰が引けてしまう日本人は多いはず。もはや世界中で日本人が“ターゲット”になっている今、次の危ない海外観光地はどこなのか。

 日本旅行業協会(JATA)が最近、発表した今年の旅行動向ランキングは次の通りだ。

 1位:ハワイ
 2位:台湾
 3位:シンガポール
 4位:グアム
 5位:ベトナム

 やはり、アジアを中心としたリゾート人気は相変わらずだが、軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。

「ハワイやグアムは空港警備が厳重なので『安心』と思われるかもしれませんが、現地では銃器が簡単に手に入る。実際、13年にはグアムで通り魔による殺傷事件が起きているから、決して『安全、安心』ではありません。今やイスラム国の指令がなくても、ネットで刺激を受けた人間が簡単にテロを起こす時代です。どこに行っても警戒は怠らない方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  4. 4

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る