夏休み旅行を直撃 テロが次に標的にする「危ない観光地」

公開日:  更新日:

 バングラデシュで起きたテロ事件は、日本国内の夏休みの旅行計画にも影響を与えるのは必至だ。最近の円高傾向を背景に、日本から近い東南アジアは旅行代が割安で人気だが、今回の事件で腰が引けてしまう日本人は多いはず。もはや世界中で日本人が“ターゲット”になっている今、次の危ない海外観光地はどこなのか。

 日本旅行業協会(JATA)が最近、発表した今年の旅行動向ランキングは次の通りだ。

 1位:ハワイ
 2位:台湾
 3位:シンガポール
 4位:グアム
 5位:ベトナム

 やはり、アジアを中心としたリゾート人気は相変わらずだが、軍事ジャーナリストの世良光弘氏はこう言う。

「ハワイやグアムは空港警備が厳重なので『安心』と思われるかもしれませんが、現地では銃器が簡単に手に入る。実際、13年にはグアムで通り魔による殺傷事件が起きているから、決して『安全、安心』ではありません。今やイスラム国の指令がなくても、ネットで刺激を受けた人間が簡単にテロを起こす時代です。どこに行っても警戒は怠らない方がいい」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  3. 3

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  4. 4

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  5. 5

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  6. 6

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    野党共闘に消極的…立憲民主党の枝野戦略は奏功するのか

  9. 9

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  10. 10

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

もっと見る