“パクリ疑惑”は佐野氏だけじゃない 「激似デザイン」世界中に

公開日:  更新日:

 きっと針のムシロだろう。五輪エンブレムのデザイン盗用問題の渦中にある佐野研二郎氏(43)。同じくパクリが疑われたサントリーのトートバッグについては一部盗用を認め、デザインを撤回している。

 その盗用したデザインのひとつが、矢印に「BEACH」と記した看板。このデザインの“本家”を主張する米ジョージア州のデザイナー、ベン・ザリコー氏は告訴も検討中としているが、実は彼の看板だってオリジナルかというと「?」だ。

 ザリコー氏はこれを14年前に制作したというが、「Google画像検索」で調べてみると、似たような看板がゾロゾロ。中にはザリコー氏より古い看板もあるから、“やぶ蛇”が心配になってくる。

「Googleの画像検索にデザインを入力すると、類似のものが一覧で出てきます。今は素人でも簡単に模倣品を調べられ、パクリのパクリのパクリ画像まで調べられます。今回、佐野氏のやったことはコピー&ペーストですからプロとして言語道断。ですが、デザインは意図せずに似てしまう可能性だってあります」(ITジャーナリスト・神田敏晶氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る