“パクリ疑惑”は佐野氏だけじゃない 「激似デザイン」世界中に

公開日:  更新日:

 きっと針のムシロだろう。五輪エンブレムのデザイン盗用問題の渦中にある佐野研二郎氏(43)。同じくパクリが疑われたサントリーのトートバッグについては一部盗用を認め、デザインを撤回している。

 その盗用したデザインのひとつが、矢印に「BEACH」と記した看板。このデザインの“本家”を主張する米ジョージア州のデザイナー、ベン・ザリコー氏は告訴も検討中としているが、実は彼の看板だってオリジナルかというと「?」だ。

 ザリコー氏はこれを14年前に制作したというが、「Google画像検索」で調べてみると、似たような看板がゾロゾロ。中にはザリコー氏より古い看板もあるから、“やぶ蛇”が心配になってくる。

「Googleの画像検索にデザインを入力すると、類似のものが一覧で出てきます。今は素人でも簡単に模倣品を調べられ、パクリのパクリのパクリ画像まで調べられます。今回、佐野氏のやったことはコピー&ペーストですからプロとして言語道断。ですが、デザインは意図せずに似てしまう可能性だってあります」(ITジャーナリスト・神田敏晶氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  2. 2

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  3. 3

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  4. 4

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

  5. 5

    “NHKシフト”へ本格始動と話題 内村光良が日テレを見切る日

  6. 6

    広島移籍の長野が本音を吐露「新井さんの代わり荷が重い」

  7. 7

    メディアは国のトップ発言の垂れ流しを終わりにするべき

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  10. 10

    鈴木誠也の2位指名は“凡打ばかりのプレゼン”も一役買った

もっと見る