「子ども受動喫煙防止条例案」成立へ

公開日:  更新日:

 子どものいる部屋などでの禁煙を求める条例案が、わずか1時間半程度の審議だけで成立する見通しとなった。

 都民ファーストの会(都民F)、公明、民進が共同提出した「子どもを受動喫煙から守る条例」だ。3日の厚生委員会で継続審査を求める動議が否決され、条例案は可決された。5日の本会議で可決、成立する見通し。

 きのうの同委員会。提案した都民Fの都議が早期制定を訴えた後、自民都議が反対意見を表明。私的空間への法の介入を問題視した上で「10日間の意見公募、1日の審議はあまりに拙速」「都民の目線で検討する必要がある」と主張したが、賛成多数で可決された。

 罰則のない啓発条例とはいえ、行政の家庭内介入、私権制限に踏み込んだ条例が十分な審議のないまま「数の力」で簡単に制定されてしまえば、悪しき前例となる。メディアが小池知事の動向ばかりを注目しているうちに、都政は都民不在のまま危うい方向に進んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

もっと見る