多賀一晃
著者のコラム一覧
多賀一晃生活家電.com主宰

大手メーカーで商品開発、企画を担当後に独立。「生活家電.com」主宰。

(46)ハイアール乾燥機FUWATOの実力 「ボタン1つで衣類ケア」を考え抜いたモデル

公開日: 更新日:

「衣類ケア」という言葉があります。衣類ケアの解釈は幅広く、店頭販売時の状態に戻すのが理想的ですが、着ている人を不愉快にさせなければという考えもあります。

 最強ケアは「洗濯」です。汚れを落とす、乾かす、形を整える、畳む、収納。洗うだけでなく、ここまでします。

 しかしケアは洗濯だけではありません。冬場のコートは、洗濯ではなく「デーリーケア」をしながら着るものです。デーリーケアの観点は3つあります。「シワがない」「ニオイがない」「清潔なこと」です。これをやってのけるのが「アイロン」です。

「アイロン」は初期から家電化された道具です。かつては火のついた炭をアイロンの中に入れて使っていましたが、温度コントロールができない。このため電気アイロンはよく売れたそうです。

 パナソニック(旧・松下電器産業)創業当時、目玉商品は「二股ソケット」でした。このソケット、片方で電球を使いながら、もう片方で他の家電に電気供給できるため売れに売れたのですが、「他の家電」はアイロン想定です。しかし「熱」だけではシワを取りにくい。繊維をシワから解放するのに重要なのは「水」です。絡まったりクセが付いた繊維を水で解放します。今のアイロンが特殊用途を除き「スチーム」アイロンになったのはそのためです。

最新のライフ記事

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  2. 2
    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

    マレーシア「ららぽーと」に地元住民がソッポ…最大の誤算は歴史遺産を甘く見たこと

  3. 3
    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

    ドジャース山本由伸いきなり「投手史上最高の465億円」は“佐々木朗希込み”の値段だったか

  4. 4
    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  5. 5
    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

    阪神・岡田監督に「契約延長説」急浮上…勇退説から二転三転も、背景に夫人のサポート

  1. 6
    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

    キムタクと9年近く交際も破局…通称“かおりん”を直撃すると

  2. 7
    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

    鹿児島・山形屋は経営破綻、宮崎・シーガイアが転売…南九州を襲った2つの衝撃

  3. 8
    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

    一人横綱・照ノ富士が満身創痍でも引退できない複雑事情…両膝と腰に爆弾抱え、糖尿病まで

  4. 9
    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

    「飲みィのやりィのやりまくり…」高市早苗氏がブチまけていた“肉食自伝”の衝撃!

  5. 10
    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今