迷走続き たばこ規制の本質と欺瞞<2>

公開日:

国の都の二重規制への疑問と危惧

 9月に小池知事が「東京都受動喫煙防止条例の基本的な考え方」を明らかにした直後、全国飲食業生活衛生同業組合連合会(全飲連)が団体としての意見を表明した。これまで都の受動喫煙防止に向けた取り組みに賛同し、協力してきた全飲連にとって都の考え方は到底受け入れられるものではなかった。

 2015年にまとめられた検討会の「議論のまとめ」(提言)では、取り組みの効果や国の動向を踏まえ2018年までに条例化について検討を行うとされていた。それなのに一気呵成に条例化に突き進む小池知事の姿勢に、全飲連は「都下約1万人の組合員は非常に困惑しております」「基本的な考え方で示す対策は、業界の実情とこれまでの自主的な取り組みを無視した規制内容であり、断固反対です」と反発。慎重な議論を行うよう求めている。

 全飲連は意見表明の一方で、サイトに会員から寄せられた多くの声を公表した。日々、客と接しながら受動喫煙防止対策に取り組んできた事業者たちはどんな思いを寄せたのだろうか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  3. 3

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  6. 6

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  9. 9

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  10. 10

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

もっと見る