• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷走続き たばこ規制の本質と欺瞞<1>

受動喫煙防止の法規制はいったい何のためなのか

 突然の国会解散と政党分裂劇、北朝鮮問題、そして大企業の相次ぐ不正発覚と波乱に満ちた2017年が間もなく幕を閉じるが、たばこの規制をめぐる動きも迷走続きだった。国や東京都など行政の動きと規制強化に反対の声を上げた人々。一連の流れを振り返り、改めて問題点を探る。

 法規制の動きでいうと、迷走の発端は3月に公表された厚労省の「基本的な考え方の案」(たたき台)。〈イギリスと韓国の混合型の制度を導入する〉という考え方で、内容的には罰則付きの原則建物内禁煙というものだった。厚労省は、これをベースに法案を作成し、今年の通常国会で健康増進法の改正を行うつもりだったが、厚労省の法案化作業の進め方や飲食店の店舗面積基準(30平方メートル以下)などに自民党が反発。結局、6月の会期末までに厚労省は法案提出すらできなかった。

 こうした国の混乱ぶりを巧みに利用したのが、東京都の小池百合子知事だ。5月の禁煙イベントにも出席して受動喫煙防止の規制強化をアピールし、7月の都議選では二つの条例案を都民ファーストの会の公約に加えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る