日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

批判は野暮? スカイマークの「ミニスカ制服」ますます話題

 日本の航空会社としては初めて、エアバスの中型機A330の導入を決めたスカイマークが7日、足元が広い座席やミニスカCAの制服などを披露した。

 5月31日から羽田―福岡、9月から羽田―那覇、来年1月から羽田―札幌を飛ぶが、注目はやっぱり、ミニスカCAだ。就航から半年間はご覧の膝上15センチのワンピースでサービスしてくれるのだ。

■「セクハラ誘発」でピリピリ

 一気に男性客の人気を集めそうだが、実はこのワンピース、「露骨なセクシー路線で下品」という批判もあるという。航空労組連絡会加盟のCAでつくる「客室乗務員連絡会」は「セクハラ行為を誘発しかねない」と言っている。そんな野暮な…と思って、元JALのCAにも聞いてみたら、こう言われてしまった。

「相当CAからは批判が出ると思います。CAは背伸びしたり、段を上がって、荷物の収納の蓋が閉まっているかをチェックする。下着が見えるかどうかのギリギリになると思います。JALも昔は超ミニスカートの時代がありました。濃紺のワンピースでしたが、あのときはみんな紺や黒の下着を着けて自己防衛した。スカイマークさんも大手とLCCのはざまで、苦しいのでしょうね。話題作りでしょうが、セクハラ行為が露呈した時に経営陣は対応に苦慮すると思いますよ」

 スカイマークの西久保慎一社長は「若々しさや元気さを出したかった。無理に着させず、希望するCAを選ぶ」と言っていた。だったら、大歓迎なんだけど、さて、何人着てくれますか…。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事