忘年会は要注意! 「セクハラでいきなり逮捕」急増中

公開日: 更新日:

<マロニー部長は強制わいせつ罪が適用>

 もうすぐ忘年会の季節がやってくる。その際、酔った勢いで女性の胸や尻を触ってしまうと、ひと昔前は「部長、セクハラです!」と厳しく言われるくらいで済んだが、今はいきなり“逮捕”だ。

 セクハラ問題に詳しい特定社会保険労務士の稲毛由佳氏がこう言う。

「セクハラ被害に遭った女性は、まず会社に事実関係を相談します。それでも解決できなければ、各地の労働局などに〈援助〉を申し立て、それでもこじれれば〈調停〉を申請してきます。これは、裁判沙汰にまではしたくないという女性のギリギリの選択です。しかし、今は強制わいせつ罪でいきなり警察に駆け込むケースがあるのです」

 強制わいせつ(懲役6月以上10年以下)とは、簡単に言うと、「女性の意思に反して体に触れる」こと。昨年の忘年会の“失態”で逮捕された「マロニー」社のY営業部長(当時49)がこのケースだ。Y部長は男女6人で行った2次会のカラオケで、26歳女性部下の胸や尻をナデナデ。今年7月になって、どうしても許せない女性が警察に駆け込んだことで逮捕(公訴時効は7年)となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK桑子真帆アナに“超肉食系”報道…結婚には完全マイナス

  2. 2

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

  3. 3

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  4. 4

    結局、国民が被害…スガ発言が意味不明なのは他人事だから

  5. 5

    井上清華「めざまし」メインに フジ“女子アナ王国”復活か

  6. 6

    デサントの「水沢ダウン」は海外物を凌駕…国産の実力知る

  7. 7

    海外から酷評相次ぐ 本家ロシアも認めたスガーリンの独善

  8. 8

    弟弟子の小朝が36人抜きで真打ち「師匠は伝えにくかった」

  9. 9

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  10. 10

    「いっちょうけんめいやります」誕生秘話…二つ目昇進時に

もっと見る