韓国企業に情報流出 過熱するフラッシュメモリー国際競争

公開日:  更新日:

 半導体大手「サンディスク」の元技術者が「東芝」の研究データを韓国企業に流出させた事件。不正競争防止法違反(営業秘密開示)で捕まった杉田吉隆容疑者(52)は、共同開発企業の社員として東芝の四日市工場(三重県)に勤務していた08年8月、「NAND型フラッシュメモリー」の研究データをコピーして持ち出した。それを転職先に渡したというから、まるで小説のような産業スパイ事件だ。

 東芝は13日、杉田と流出先の半導体大手「SKハイニックス」を相手取り、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。請求額は1000億円以上とみられている。

「杉田は不正にコピーしたデータを持って韓国の『SKハイニックス』に転職し、データを提供したのです。報酬を受け取ったかどうかは不明ですが、転職の手土産にしたのは間違いない。彼は03年にサンディスクに入社して開発に携わり、データを管理するサーバーにアクセスしても怪しまれない立場でした。東芝とサンディスクは昨年、データを盗まれたことに気づいて、警視庁に刑事告訴していました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  6. 6

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る