日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

韓国企業に情報流出 過熱するフラッシュメモリー国際競争

 半導体大手「サンディスク」の元技術者が「東芝」の研究データを韓国企業に流出させた事件。不正競争防止法違反(営業秘密開示)で捕まった杉田吉隆容疑者(52)は、共同開発企業の社員として東芝の四日市工場(三重県)に勤務していた08年8月、「NAND型フラッシュメモリー」の研究データをコピーして持ち出した。それを転職先に渡したというから、まるで小説のような産業スパイ事件だ。

 東芝は13日、杉田と流出先の半導体大手「SKハイニックス」を相手取り、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。請求額は1000億円以上とみられている。

「杉田は不正にコピーしたデータを持って韓国の『SKハイニックス』に転職し、データを提供したのです。報酬を受け取ったかどうかは不明ですが、転職の手土産にしたのは間違いない。彼は03年にサンディスクに入社して開発に携わり、データを管理するサーバーにアクセスしても怪しまれない立場でした。東芝とサンディスクは昨年、データを盗まれたことに気づいて、警視庁に刑事告訴していました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事