韓国企業に情報流出 過熱するフラッシュメモリー国際競争

公開日: 更新日:

 半導体大手「サンディスク」の元技術者が「東芝」の研究データを韓国企業に流出させた事件。不正競争防止法違反(営業秘密開示)で捕まった杉田吉隆容疑者(52)は、共同開発企業の社員として東芝の四日市工場(三重県)に勤務していた08年8月、「NAND型フラッシュメモリー」の研究データをコピーして持ち出した。それを転職先に渡したというから、まるで小説のような産業スパイ事件だ。

 東芝は13日、杉田と流出先の半導体大手「SKハイニックス」を相手取り、損害賠償を求める訴訟を東京地裁に起こした。請求額は1000億円以上とみられている。

「杉田は不正にコピーしたデータを持って韓国の『SKハイニックス』に転職し、データを提供したのです。報酬を受け取ったかどうかは不明ですが、転職の手土産にしたのは間違いない。彼は03年にサンディスクに入社して開発に携わり、データを管理するサーバーにアクセスしても怪しまれない立場でした。東芝とサンディスクは昨年、データを盗まれたことに気づいて、警視庁に刑事告訴していました」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  2. 2

    幼保無償化がようやくスタートも…多子世帯には厳しい現実

  3. 3

    植野妙実子氏「表現の自由」の抑圧で民主国家は成立しない

  4. 4

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  5. 5

    「桜を見る会」関連業務“アベ友業者”にオイシイ受注誘導か

  6. 6

    五つ子の“減胎手術”ですべての子を失った女性の悔恨

  7. 7

    誰が見ても違反じゃないか 動かない捜査当局の腐敗堕落

  8. 8

    元おニャン子・立見里歌さん 元アイドルが子育て終えた今

  9. 9

    「ゴジラvsコング」で始動 小栗旬を待つ“雑巾がけ”の日々

  10. 10

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る