大手3社が1年ぶりに新製品 スマホからガラケーへの“回帰現象”

公開日: 更新日:

 地下鉄に乗れば、みんなスマートフォンをいじっている時代。モバイル端末はスマホが主流になり、昔ながらの「ガラケー」は絶滅かと思ったら、この秋の新製品発表会で異変があった。携帯キャリアーの大手3社が、そろって「ガラケー」の新製品を発表したのだ。これは実に1年ぶりのこと。スマホからガラケーへの回帰現象が起こっているのか?

「都会にいるとスマホが多数派のように感じてしまいますが、地方では今もガラケー利用者が圧倒的に多い」と、携帯電話研究家の木暮祐一氏がこう言う。

「スマホ全盛といっても、利用率は40%程度で、その大部分が都市生活者ですから、国民の大部分は今もガラケーを使っているのです。そもそも、電話機に多機能がついたガラケーと、通話はソフトウエアのひとつというスマホは全く別物と思った方がいい。通話機能に限っていえば、ガラケーの方が優れているし、バッテリーも長持ちする。スマホにしてみたけれど、料金が高い割に機能を使いこなせないという人もいる。2年間の契約期間を満了したらガラケーに戻したいという声が高まっているのは事実です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小池氏圧勝に赤信号 都知事選にイケメン対抗馬で無風一変

  2. 2

    あとで困る?故人の銀行口座から貯金を引き出す際の注意点

  3. 3

    「ドクターX」制作未定 “ポスト米倉”は内藤剛志&金田明夫

  4. 4

    検察悩ます黒川氏賭けマージャン告発 不起訴なら非難囂々

  5. 5

    米倉涼子の大誤算…テレビ出演オファーはゼロで舞台に活路

  6. 6

    吉村府知事が“袋叩き”に…大村知事リコール賛同の見当違い

  7. 7

    これぞ波瑠の神秘性?主演ドラマに不満アリも心はガッチリ

  8. 8

    解散・総選挙を打つ力もない安倍総理は早々に見限られる

  9. 9

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  10. 10

    派遣社員の雇い止めに続き 12月には正社員の解雇が本格化

もっと見る