大手3社が1年ぶりに新製品 スマホからガラケーへの“回帰現象”

公開日:  更新日:

 地下鉄に乗れば、みんなスマートフォンをいじっている時代。モバイル端末はスマホが主流になり、昔ながらの「ガラケー」は絶滅かと思ったら、この秋の新製品発表会で異変があった。携帯キャリアーの大手3社が、そろって「ガラケー」の新製品を発表したのだ。これは実に1年ぶりのこと。スマホからガラケーへの回帰現象が起こっているのか?

「都会にいるとスマホが多数派のように感じてしまいますが、地方では今もガラケー利用者が圧倒的に多い」と、携帯電話研究家の木暮祐一氏がこう言う。

「スマホ全盛といっても、利用率は40%程度で、その大部分が都市生活者ですから、国民の大部分は今もガラケーを使っているのです。そもそも、電話機に多機能がついたガラケーと、通話はソフトウエアのひとつというスマホは全く別物と思った方がいい。通話機能に限っていえば、ガラケーの方が優れているし、バッテリーも長持ちする。スマホにしてみたけれど、料金が高い割に機能を使いこなせないという人もいる。2年間の契約期間を満了したらガラケーに戻したいという声が高まっているのは事実です」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  9. 9

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  10. 10

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

もっと見る