日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

GW明け株価400円超暴落 要因は「GPIF」への失望売りか

■組み替えの“カラクリ”がバレた

 全面安となった連休明け7日の東京株式市場。前週末比424円06銭安と大幅続落し、4月15日以来、3週間ぶりに1万4000円割れ目前まで値下がりした。

 日本株が売り浴びせられたのはなぜか。ウクライナ情勢の緊迫化、アジア市場の全面安、101円台まで上昇した円高などが挙げられているが、これらは後付け理由に過ぎない。最大の“売り材料”は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に対する警戒、失望だ。

 4月16日、麻生財務相が「GPIFの動きが6月にも出てくる」と発言したことで、一時400円以上も株価が上がった。長らく外国人投資家はGPIFの資産構成の見直しを強く求めてきた。昨年末時点の基本ポートフォリオは国内債券が55%、国内株式が17%。GPIFが株式比率を1%引き上げれば、市場には1兆円が流れ込むとされ、だから年金資金の基本ポートフォリオの組み替えをにおわす“麻生発言”にマーケットが反応したわけだが、メッキが剥がれ始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事