GW明け株価400円超暴落 要因は「GPIF」への失望売りか

公開日: 更新日:

■組み替えの“カラクリ”がバレた

 全面安となった連休明け7日の東京株式市場。前週末比424円06銭安と大幅続落し、4月15日以来、3週間ぶりに1万4000円割れ目前まで値下がりした。

 日本株が売り浴びせられたのはなぜか。ウクライナ情勢の緊迫化、アジア市場の全面安、101円台まで上昇した円高などが挙げられているが、これらは後付け理由に過ぎない。最大の“売り材料”は、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に対する警戒、失望だ。

 4月16日、麻生財務相が「GPIFの動きが6月にも出てくる」と発言したことで、一時400円以上も株価が上がった。長らく外国人投資家はGPIFの資産構成の見直しを強く求めてきた。昨年末時点の基本ポートフォリオは国内債券が55%、国内株式が17%。GPIFが株式比率を1%引き上げれば、市場には1兆円が流れ込むとされ、だから年金資金の基本ポートフォリオの組み替えをにおわす“麻生発言”にマーケットが反応したわけだが、メッキが剥がれ始めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東出昌大は「不倫常習者の典型」と識者…杏は苦しい決断に

  2. 2

    東出昌大は「帰宅拒否症」だった“理想の夫婦”の哀しい現実

  3. 3

    東出昌大“裏の顔”浮き彫りに 子育ておろか家事もせず不倫

  4. 4

    遅すぎた対応…東京五輪本番に“感染パニック”襲来の危機

  5. 5

    夫・東出昌大の不倫をバネに?三児の母・杏の気になる今後

  6. 6

    杏&東出昌大「2億円豪邸」は離婚危機の歯止めにならない?

  7. 7

    杏と東出は別居…ドラマ共演で結婚した夫婦が離婚するワケ

  8. 8

    今期2つの連ドラに出演 柄本佑の人気が“うなぎ上り”のワケ

  9. 9

    CM降板も…東出昌大「引退危機」不倫疑惑で視聴者総スカン

  10. 10

    20年ぶりの幕尻V 徳勝龍を支えた肝っ玉母と美人妻を直撃

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る