運用資産130兆円 「GPIF」がこれから買ってくる株

公開日: 更新日:

 約130兆円の資産を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)に注目が集まっている。現在は国内債券55%、国内株式17%、外国債券11%、外国株式15%、その他2%の資産構成だが、これを見直し、国内株式の比率を高めるのは確実だからだ。

 4月中旬には麻生財務相が、「6月以降にGPIFの動きが出てくる」と、GPIFによる株式の大量買いをにおわせた。市場は“口先介入”と受け止めたが、実際に日経平均は420円もハネ上がっている。

 証券各社は、国内株式の比率が17%から25%に増えると、13兆~16兆円の「買い」需要が発生すると予想。昨年1年間で外国人投資家が買い越した額(約16兆円)に匹敵する。その巨額資金でどんな株を買うか。それが分かれば、儲かるチャンスも広がるというものだ。

「今年1月から始まった新指数『JPX日経400』に採用された銘柄を中心に買ってくるでしょう。東証1部以外から選ばれたJトラストや日本マクドナルド、USEN、パチンコ関連のフィールズなどは注目です」(証券アナリスト)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    再雇用中の64歳 大病などがなかったのに退職金が漸減した

  2. 2

    中居正広「気持ち尊重」発言の意味…退所の真相はリストラ

  3. 3

    青木理氏「無知」と「無恥」に蝕まれる憲政史上最愚の政権

  4. 4

    住宅ローン完済で悠々自適の第二の人生が始まるはずが…

  5. 5

    丸投げの安倍政権 新型コロナ基本方針は“国は何もしない”

  6. 6

    中居正広を支える華麗なる人脈 “ぼっち独立”も明るい未来

  7. 7

    新型ウイルス対策 「東京は封鎖できるか」内閣官房に聞く

  8. 8

    愛知県の老舗旅館が廃業 新型コロナ「倒産ラッシュ」の足音

  9. 9

    デンマークなぜキャッシュレス大国に 在日大使館に聞いた

  10. 10

    作家・中村文則氏 国民の命にまで…安倍政権はもう限界だ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る