出遅れ組が有利 NISAの旨みはGW以降に転がっている

公開日: 更新日:

 今年1月に鳴り物入りでスタートしたNISA(少額投資非課税制度)。配当金や売却益にかかる税金(約20%)がゼロとあって、個人投資家の人気は高まる一方で、口座数は500万を超えた。ブームに乗り遅れた人は、「今から始めても儲からないのでは……」とあきらめることはない。むしろ、GW以降にNISAのウマミは転がっているのだ。

 日経平均は年初に1万6000円前後あったが、ジリジリと値を下げ、4月半ばには1万4500円水準まで下落した。早くからNISAに飛びついた投資家は、含み損を抱えるハメに陥っている。

 その点、出遅れ組は有利だ。年初に比べ安値で買えるうえ、売り時も判断しやすいという。

「5月相場を予想すると、日経平均は20日ごろまで上昇し、21日以降にドカンと下げる展開です。今年の日経平均の動きを見ると分かります。上昇相場は日銀の金融政策決定会合までで、その後は下げに転じることが多かった。『イベントドリブン型』といわれる投資ファンドが暗躍しているのだと思います」(株式評論家の杉村富生氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が急降下 現実味を帯びてきた安倍首相の終わり

  2. 2

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  3. 3

    自民の圧力か ANAホテル豹変しメディアの桜質問にゼロ回答

  4. 4

    安倍首相の嘘にもう驚かない 耐性ができたが用心はしてる

  5. 5

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  6. 6

    クルーズ船“潜入”医師 安倍政権の感染デタラメ対応を暴露

  7. 7

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

  8. 8

    口封じの国策捜査で実刑に…森友事件の真相は解明されず

  9. 9

    小説家中島京子氏 ふつうのことをしたANAホテルを支持する

  10. 10

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る