世界株安で日経平均も半値に…「中国株暴落」の最悪シナリオ

公開日: 更新日:

「日本市場はあまりに無警戒。真の恐怖はこれからやって来る」という関係者が増えてきた。

 30日の日経平均は5日ぶりに反発したが、中国株の不安定な動きは相変わらずだ。主要指標である上海総合指数は6月に3週間で3割も暴落。中国政府はなりふり構わぬ株価維持策(PKO)を打ち出した。証券会社に合計2・4兆円の上場投資信託(ETF)購入を指示し、5%以上を保有する大株主に対しては売却を禁止した。市場メカニズムを無視した株価対策に先進国の金融市場はあきれ返ったが、PKOによって中国株は持ち直した。

 ところが、今週に入り上海総合指数は再び暴落し、27日、28日の2日間で約10%も下げた。

「中国政府のPKOが機能しなかった証明でしょう。29日は落ち着いた取引でしたが、暴落はまた起きます。それなのに日本市場は中国株を軽視し過ぎています。上海が10%下げても、日経平均は1%しか下げなかった。次の中国株暴落で想定外の痛手を被るかもしれません」(株式評論家の倉多慎之助氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    宮迫ら闇営業11人処分! 吉本興業「遅すぎた決断」の代償

  7. 7

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  8. 8

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  9. 9

    “闇営業問題”泥沼化 スポンサー撤退にNHK調査開始の大混乱

  10. 10

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る