“風雲児”は逮捕されたが…あえて仕手系銘柄に乗る「投資術」

公開日:  更新日:

「兜町の風雲児」が17日、金融商品取引法違反(相場操縦)の疑いで東京地検特捜部に逮捕された。かつて仕手集団として知られた「誠備グループ」元代表の加藤暠容疑者(74)だ。

 加藤容疑者は、1970年代からバブル期にかけて、製紙会社など数々の仕手戦を仕掛けてきた。バブル崩壊後は鳴りを潜めていたが、2011年の大震災後、再び兜町でその名が聞かれるようになっていた。

「3.11後に、たいした理由もないのに株価急騰を演じた新日本理化を仕掛けたのが加藤氏でした。株価は300円水準から、1300円近くまで急騰した。4倍以上です」(市場関係者)

 逮捕容疑は12年2月15日~3月2日の「新日本理化」株価つり上げで、株価の動きは871円から1297円へ。

 特捜部は“加藤グループ”が同社を含む4銘柄の株価操縦によって、60億円の利益を上げたとみている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  4. 4

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  9. 9

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る