買っていい株、ダメな株が鮮明に…キーワードは増益予想

公開日:  更新日:

 底値を拾うラストチャンス? そんな囁きが株式市場から聞こえてくる。

 10日、日経平均は前日比349円高の1万6565円で引けた。GW中の6日に一時1万6000円を割り込んだものの、9日、10日と続伸した。

「円高は要警戒ですが、株価は盛り返しています。夏には1万8000円まで戻すという見方も出てきました。となると、現在の株価水準は『買い』でしょう」(証券アナリスト)

 実はGW明けから「買っていい株」と「買ってはダメな株」がハッキリしてきた。IMSアセットマネジメントの清水秀和代表が指摘する。

「今週は決算発表ラッシュですが、注目すべきは、前期決算(16年3月期)と同時に公表する今期(17年3月期)予想です。大手企業は平均して7%程度の減益見通しといいます。こうした中で、増益を確保できそうな会社は強い。株価も上昇傾向を見せています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    ネットで知り合った男女の飼い猫が“ウリ二つ”だったワケ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    妻のがん治療のため売却した愛車が…17年後の家族愛の物語

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    34万「いいね!」 配達員が92歳女性に示した小さな親切

もっと見る