買っていい株、ダメな株が鮮明に…キーワードは増益予想

公開日:  更新日:

 底値を拾うラストチャンス? そんな囁きが株式市場から聞こえてくる。

 10日、日経平均は前日比349円高の1万6565円で引けた。GW中の6日に一時1万6000円を割り込んだものの、9日、10日と続伸した。

「円高は要警戒ですが、株価は盛り返しています。夏には1万8000円まで戻すという見方も出てきました。となると、現在の株価水準は『買い』でしょう」(証券アナリスト)

 実はGW明けから「買っていい株」と「買ってはダメな株」がハッキリしてきた。IMSアセットマネジメントの清水秀和代表が指摘する。

「今週は決算発表ラッシュですが、注目すべきは、前期決算(16年3月期)と同時に公表する今期(17年3月期)予想です。大手企業は平均して7%程度の減益見通しといいます。こうした中で、増益を確保できそうな会社は強い。株価も上昇傾向を見せています」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る