• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

資産価値446億円を手に LINEの“ナンバー2”は何者なのか?

 15日の株式市場は派手だった。「ポケモンGO」の任天堂は年初来高値を更新し、ファーストリテイリングはストップ高まで上昇。さらに対話アプリのLINEが東証1部に上場を果たした。

「盆暮れが一緒に来たような賑わいでした。日米同時上場となったLINEの初値は、売り出し価格(3300円)の約1.5倍となる4900円を付けた。時価総額は1兆円超えです」(市場関係者)

 株価は一時5000円まで駆け上り、終値は4345円だった。一本調子の上昇とはいかなかったものの滑り出しは上々だ。

 LINEの大株主はニンマリだろう。筆頭株主は韓国のIT企業、ネイバー社(約74%保有)だが、2位株主はシン・ジュンホ氏(47)という人物。LINE取締役CGO(チーフ・グローバル・オフィサー)で、出沢剛社長(43)に次ぐナンバー2だ。保有株数は、約1026万株(4.36%)。15日終値ベースの資産価値は約446億円に達する。出沢社長の保有株は9万6500株で、資産価値は約4億2000万円だけに、シン氏の突出ぶりが分かる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  5. 5

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  6. 6

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  10. 10

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

もっと見る