• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

久間元防衛相主催の講演会 再び“ドタキャン”になったワケ

 7月25日に都内ホテルで予定されていた久間章生元防衛相主催の講演会が2度目のドタキャンに追い込まれた。

 久間氏の講演会は当初、5月27日に予定されていたが、07年に発覚した軍需専門商社「山田洋行」事件に絡む脱税容疑で逮捕され“防衛フィクサー”と呼ばれた秋山直紀氏の名前が講演会の案内状に出ていたことが問題視され、中止となった。

 その約1カ月後、久間事務所は新たな案内状を関係者に送付。秋山氏の名前も消えていたのだが、なぜ、また中止になったのか。

「講演会の内容が中止となった前回とほとんど変わらない上、タイトルも『防衛装備品等、研究・開発の将来展望について』で同じ。案内状に名前こそ出ていないが、秋山氏が絡んでいるのはアリアリでした。問題となったのは、参加者に若宮健嗣防衛副大臣がいたことです」(防衛省幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る