久間元防衛相主催の講演会 再び“ドタキャン”になったワケ

公開日:  更新日:

 7月25日に都内ホテルで予定されていた久間章生元防衛相主催の講演会が2度目のドタキャンに追い込まれた。

 久間氏の講演会は当初、5月27日に予定されていたが、07年に発覚した軍需専門商社「山田洋行」事件に絡む脱税容疑で逮捕され“防衛フィクサー”と呼ばれた秋山直紀氏の名前が講演会の案内状に出ていたことが問題視され、中止となった。

 その約1カ月後、久間事務所は新たな案内状を関係者に送付。秋山氏の名前も消えていたのだが、なぜ、また中止になったのか。

「講演会の内容が中止となった前回とほとんど変わらない上、タイトルも『防衛装備品等、研究・開発の将来展望について』で同じ。案内状に名前こそ出ていないが、秋山氏が絡んでいるのはアリアリでした。問題となったのは、参加者に若宮健嗣防衛副大臣がいたことです」(防衛省幹部)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る