日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4年連続赤字のミスタードーナツはアイスで巻き返せるのか

 ドーナツの販売不振にあえぐ「ミスタードーナツ(ミスド)」が、アイスクリームで巻き返しを図るというが、“氷ビジネス”だけに“溶けてなくなる”リスクもはらんでいる。

 ミスドを展開するダスキンのフードグループ事業は2014年3月期から赤字続きで、17年3月期も17億円の赤字になる見込みだ。4年連続赤字とは穏やかではない。

 本業のクリーン・ケアグループ事業は黒字とはいえ、ミスドの立て直しは急務といえる。

「(ミスドは)店舗の改築や移転がうまくできていませんでした。4年後の21年までに1000店舗のリニューアルを行う予定です。それと合わせてメニューの多様化も行います。アイスクリームもそのひとつ。ドーナツ需要が落ちる夏場にアイスの販売で補うという効果も想定しています」(ミスド広報担当者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のニュース記事