カプセルのイメージ払拭 ファーストキャビン急成長の秘密

公開日: 更新日:

 JR西日本がカプセルホテル事業に参入する。組むのはキャビン風のカプセルホテルを展開するファーストキャビンだ。来年1月に共同出資会社を設立する。売り上げ6億円の小さなホテル事業者となぜ提携したのか。JR西日本広報担当者は、「上質で、デザイン性も競争力があるファーストキャビンと組むことにした」と説明した。

 ファーストキャビンは国際的な建築家の大江匡氏が2008年に創業した。大江氏は、大手企業の社屋や工場、商業施設などの設計を手掛け、数々の建築賞を受賞している。宿泊施設のデザインの実績はあったが、ホテルの経営は初挑戦だった。

 建築家による飛行機のキャビン風のゆったりした客室は、狭くて陰気なカプセルホテルのイメージを払拭した。男性サラリーマンのみならず、女性や海外からの旅行客の利用も多い。

 日刊ゲンダイ記者は築地のファーストキャビンに宿泊してみた。平日のビジネスクラスで1泊4500円。ちなみにファーストクラスは1000円アップで、エコノミークラスはない。ゆったりした室内はカプセルを超えている。ホテル内を歩くと、終電逃しのサラリーマンもいるが、外国人客や女性の客にも出くわす。なお、女性のフロアに入るには女性客のカードが必要で、男子禁制だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る