カプセルのイメージ払拭 ファーストキャビン急成長の秘密

公開日: 更新日:

 JR西日本がカプセルホテル事業に参入する。組むのはキャビン風のカプセルホテルを展開するファーストキャビンだ。来年1月に共同出資会社を設立する。売り上げ6億円の小さなホテル事業者となぜ提携したのか。JR西日本広報担当者は、「上質で、デザイン性も競争力があるファーストキャビンと組むことにした」と説明した。

 ファーストキャビンは国際的な建築家の大江匡氏が2008年に創業した。大江氏は、大手企業の社屋や工場、商業施設などの設計を手掛け、数々の建築賞を受賞している。宿泊施設のデザインの実績はあったが、ホテルの経営は初挑戦だった。

 建築家による飛行機のキャビン風のゆったりした客室は、狭くて陰気なカプセルホテルのイメージを払拭した。男性サラリーマンのみならず、女性や海外からの旅行客の利用も多い。

 日刊ゲンダイ記者は築地のファーストキャビンに宿泊してみた。平日のビジネスクラスで1泊4500円。ちなみにファーストクラスは1000円アップで、エコノミークラスはない。ゆったりした室内はカプセルを超えている。ホテル内を歩くと、終電逃しのサラリーマンもいるが、外国人客や女性の客にも出くわす。なお、女性のフロアに入るには女性客のカードが必要で、男子禁制だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松本潤主演「99.9」ヒロインが黒木華ではなく杉咲花のワケ

  2. 2

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

  3. 3

    菅野の故障で巨人が“腕まくり”引き留めに破格の40億円用意

  4. 4

    インド株の市中感染を初確認!7月に全国蔓延で五輪は絶望

  5. 5

    小池知事「五輪中止」のタイミング…重なる4年前の都議選

  6. 6

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  7. 7

    五輪選手らを選手村と会場に“閉じ込める”政府案の浅はかさ

  8. 8

    森七菜「移籍騒動」の代償…勢い急失速で連ドラ出演ゼロに

  9. 9

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  10. 10

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

もっと見る