カプセルのイメージ払拭 ファーストキャビン急成長の秘密

公開日: 更新日:

 JR西日本がカプセルホテル事業に参入する。組むのはキャビン風のカプセルホテルを展開するファーストキャビンだ。来年1月に共同出資会社を設立する。売り上げ6億円の小さなホテル事業者となぜ提携したのか。JR西日本広報担当者は、「上質で、デザイン性も競争力があるファーストキャビンと組むことにした」と説明した。

 ファーストキャビンは国際的な建築家の大江匡氏が2008年に創業した。大江氏は、大手企業の社屋や工場、商業施設などの設計を手掛け、数々の建築賞を受賞している。宿泊施設のデザインの実績はあったが、ホテルの経営は初挑戦だった。

 建築家による飛行機のキャビン風のゆったりした客室は、狭くて陰気なカプセルホテルのイメージを払拭した。男性サラリーマンのみならず、女性や海外からの旅行客の利用も多い。

 日刊ゲンダイ記者は築地のファーストキャビンに宿泊してみた。平日のビジネスクラスで1泊4500円。ちなみにファーストクラスは1000円アップで、エコノミークラスはない。ゆったりした室内はカプセルを超えている。ホテル内を歩くと、終電逃しのサラリーマンもいるが、外国人客や女性の客にも出くわす。なお、女性のフロアに入るには女性客のカードが必要で、男子禁制だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤真彦の非常識発言で明確に…ジャニーズ事務所の課題

  2. 2

    近藤真彦「退所」は“戦力外通告” 芸能活動継続には暗雲が

  3. 3

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  4. 4

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

  5. 5

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  6. 6

    竹野内豊「イチケイのカラス」の成功に悲恋…続編期待の声

  7. 7

    昔はリクルートで食べている物書きがたくさんいた

  8. 8

    「利他」の落とし穴とブームへの懸念 伊藤亜紗氏に聞いた

  9. 9

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  10. 10

    客5人で…清志郎さんに「RCでは商売にならない」と告げた

もっと見る