ストライプインターナショナル石川康晴社長<1>14歳で志す

公開日:  更新日:

 宮崎あおいのCMで注目をあつめた婦人服の「アースミュージック&エコロジー」。このブランドを展開している「ストライプインターナショナル」の創業社長が、石川康晴だ。

 23歳の時、300万円を元手に岡山で起業し、年商1300億円の一大企業へと成長させたファッション業界の寵児である。

 生まれ育ったのは岡山県岡山市。子供の頃は釣り好きで、小麦粉を練って餌を作り、出かけるような田舎の少年だった。

 石川が起業を志したのは、なんと14歳の時。地元のファッションブティックの店員の一言がキッカケだったという。石川は子供の頃から大のファッション好き。中学生にもなると、小遣いは洋服代に消えていた。

「同級生はファミコンに夢中になり、キン肉マンの単行本を全巻揃えていました。でも、自分はあまり関心がなかった。一番の関心はファッションでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る