ストライプインターナショナル石川康晴社長<1>14歳で志す

公開日:  更新日:

 宮崎あおいのCMで注目をあつめた婦人服の「アースミュージック&エコロジー」。このブランドを展開している「ストライプインターナショナル」の創業社長が、石川康晴だ。

 23歳の時、300万円を元手に岡山で起業し、年商1300億円の一大企業へと成長させたファッション業界の寵児である。

 生まれ育ったのは岡山県岡山市。子供の頃は釣り好きで、小麦粉を練って餌を作り、出かけるような田舎の少年だった。

 石川が起業を志したのは、なんと14歳の時。地元のファッションブティックの店員の一言がキッカケだったという。石川は子供の頃から大のファッション好き。中学生にもなると、小遣いは洋服代に消えていた。

「同級生はファミコンに夢中になり、キン肉マンの単行本を全巻揃えていました。でも、自分はあまり関心がなかった。一番の関心はファッションでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  9. 9

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  10. 10

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

もっと見る