ストライプインターナショナル石川康晴社長<1>14歳で志す

公開日: 更新日:

 宮崎あおいのCMで注目をあつめた婦人服の「アースミュージック&エコロジー」。このブランドを展開している「ストライプインターナショナル」の創業社長が、石川康晴だ。

 23歳の時、300万円を元手に岡山で起業し、年商1300億円の一大企業へと成長させたファッション業界の寵児である。

 生まれ育ったのは岡山県岡山市。子供の頃は釣り好きで、小麦粉を練って餌を作り、出かけるような田舎の少年だった。

 石川が起業を志したのは、なんと14歳の時。地元のファッションブティックの店員の一言がキッカケだったという。石川は子供の頃から大のファッション好き。中学生にもなると、小遣いは洋服代に消えていた。

「同級生はファミコンに夢中になり、キン肉マンの単行本を全巻揃えていました。でも、自分はあまり関心がなかった。一番の関心はファッションでしたね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「好きな女子アナ」調査 ベストテンからフジが消えたワケ

  2. 2

    寝耳に水の「1位奥川」報道…G原監督“独善”でスカウト諦観

  3. 3

    12球団OKと明言した大船渡・佐々木朗希の「意中の球団」

  4. 4

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  5. 5

    坂本の腰痛不安で続く遊撃探し 巨人“外れドラ1”候補の名前

  6. 6

    丸の活躍で味をしめ…原巨人の次なる標的は中日159km左腕

  7. 7

    三流国家のワル経営者に蝕まれる日本企業に世界が冷笑

  8. 8

    嘘まみれの日米貿易協定 ボロボロ出てくる隠蔽と虚偽説明

  9. 9

    巨人にやっと1勝…阪神には落合博満のような“劇薬”が必要

  10. 10

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る