ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<6>バス事故が社会問題に

公開日:  更新日:

 2008年、ウィラーに入社する。最初の仕事は、高速ツアーバスの路線づくりだった。全国の路線を一気に増やしてダイヤを考え、1年間でほぼ現在に近い路線網をつくり上げた。

 10年ごろ、高速ツアーバスが拡大するにつれ、マーケットを侵食されていた高速乗り合いバス業者が、「ツアーバスは乗り合いバスまがいの違法行為」として、批判を強めるようになった。12年、国交省は2年間の審議を経て、高速ツアーバスと高速乗り合いバスの一本化を決める。 

 需要と供給に基づいた価格変動など高速ツアーバスのメリットも盛り込んだ「新高速乗合バス制度」を施行、高速ツアーバスは高速乗り合いバスへ移行されることになり、その準備期間を2年と設定された。

 ところが、施行からわずか1カ月後、関越自動車道で高速ツアーバスの居眠り運転事故が発生、7人の犠牲者を出す大事故として世間を騒がせることになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  5. 5

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る