• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ウィラーエクスプレス 平山幸司社長<6>バス事故が社会問題に

投稿日:  更新日:

 国交省はこれを機に新体制までの移行準備期間を2年から1年に縮めてきた。

 同年、ウィラーエクスプレスジャパン(現ウィラーエクスプレス)を設立する。

 ウィラーのような旅行事業を行っている会社では乗り合いバスを運行することができないため、新会社を設立する必要があったのだ。

 ウィラーグループの代表取締役・村瀨茂高はバス会社社長を兼任、平山はウィラーの取締役とバス会社の常務を兼任する。

 乗り合いバスに参入するには、全路線のバス停を確保する必要がある。それをたった1年でやりきるのは至難の業で、平山は目が回るような日々を過ごすことになる。

 地元と交渉をするために全国を飛び回った。権利を持つ地元企業に交渉をすると、「枠がない」と鼻であしらわれることもあった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  3. 3

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  4. 4

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  5. 5

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

もっと見る