オリエンタルランド<下>米ディズニー社との契約2076年まで

公開日:

 今年6月、東京ディズニーリゾートを運営するオリエンタルランドと、米ザ・ウォルト・ディズニー社は、東京ディズニーシー(TDS)の拡張プロジェクトで合意したと発表した。

 東京ディズニーランド(TDL)とTDSに隣接している駐車場を転用する形で、アトラクションやホテルなどの新エリアを誕生させる。新テーマは「魔法の泉が導くディズニーファンタジーの世界」。映画「アナと雪の女王」「ピーター・パン」などが題材で、2022年度の開業を目指す。投資額は約2500億円と追加施設としては過去最高額だ。この大規模プロジェクトの公表と同時に、オリエンタルランドは米ディズニー社とのライセンス契約の延長を発表した。2046年までが最長の契約期間だったが、これを2076年までとした。

 オリエンタルランドが米ディズニー社と正式に接触したのは1961年。オリエンタルランドの大株主である京成電鉄の社長で、ディズニーランド誘致に熱心だった川崎千春氏が米国を訪問した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  5. 5

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  6. 6

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  7. 7

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  8. 8

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  9. 9

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  10. 10

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

もっと見る