LIXILグループ<上>プロ経営者が去って“オーナー”が復帰

公開日:

 11月1日付でLIXILグループのトップが代わった。創業家出身の潮田洋一郎取締役会議長が会長兼最高経営責任者(CEO)に就任し、社長兼CEOの瀬戸欣哉氏がCEOを退いた。瀬戸氏は2019年4月1日付で社長も退任、後任には11月1日付でCOOになった山梨広一氏が就く。

 LIXILグループは潮田氏の父親である健次郎氏が創業したトステムとINAX、新日軽、サンウエーブ工業、東洋エクステリアの5社が統合して誕生した。潮田氏が創業家出身であるのは間違いないが保有株比率は約3%。今回の人事は、この少数株式しか持たない“オーナー”の一言で決まったといわれている。なぜか。

 CEOを退任した瀬戸氏は工具通販大手MonotaRO(モノタロウ)を創業した人物で、「プロ経営者」を自任してきた。潮田氏がその瀬戸氏を事実上の解任をした理由のひとつは、潮田氏のお気に入りだといわれる子会社で、業績不振が続いている伊ペルマスティリーザを売却しようとしたこと。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る