天王山のスーパーチューズデー 左派サンダースが地元勝利

公開日: 更新日:

「スーパーチューズデー」の火ぶたが4日(現地時間3日)、切って落とされた。

 米大統領選の民主党候補指名争いで、14州の予備選などが集中する前半戦のヤマ場。全米各地で開票が始まり、若者に支持を広げて優位に立つ急進左派サンダース上院議員(78)が地元バーモント州(代議員数16人)で勝利。有利な戦いを進めている。

 それに対し、中道派一本化の動きを受けて勢いに乗るバイデン前副大統領(77)が接戦とみられていたバージニア州(同99人)を制した。割って入った中道派のブルームバーグ前ニューヨーク市長(78)は金権選挙を展開しているが、浸透はイマイチだ。

 事前の世論調査によると、白人層に加えてヒスパニック系にも支持を広げるサンダースは西部カリフォルニア州(同415人)、南部テキサス州(同228人)の大票田を中心に有利な情勢。バイデンは黒人有権者の多い南部ノースカロライナ州(同110人)などで勢いあり。序盤戦は不振だったが、第4戦に圧勝。撤退したブティジェッジ前サウスベンド市長らの支持を取りつけた。

 スーパーチューズデーでは、7月の党大会で大統領候補を決定する代議員の3分の1に当たる1344人が争われる。米メディアによると、第4戦までの獲得代議員はサンダースが60人で、バイデンの53人を上回る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  4. 4

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  5. 5

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  6. 6

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

  7. 7

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  8. 8

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  9. 9

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  10. 10

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

もっと見る