トランプの嘘 ペンス副大統領に責任押し付け逃げ切り図る

公開日: 更新日:

アメリカ

 新型コロナウイルスの蔓延はトランプ大統領に大打撃を与えつつある。トランプは当初「米国は世界最高の医療チームが健在だ。多少の感染者は出るかもしれないが、まったく問題ない」と豪語していたが、今や感染者は63人で、死者まで出た。海外渡航歴のない金持ちや高校生らも感染したためトランプの信頼は揺らぐ一方だ。米国内では「トランプ・ウイルス」という言葉もはやり始めた。ビル・ゲイツは「100年に1度の強烈な病原菌。感染者は1000万人を超えるだろう」と予測している。

 最も深刻なのがニューヨークの株式市場。先週だけで3500ドル余り、率にして12%を超える記録的な値下がりとなった。こうした中、3月14日から、トランプの肝いりでラスベガスで開かれるはずだった米国とASEAN10カ国の首脳会談も延期になった。

 新型コロナウイルスの打撃を受けたのが、米国ではバドワイザーより人気のあるメキシコ産のコロナビールだ。その名前のせいで米国の愛飲家からそっぽを向かれるようになり、ある広告代理店の調査によると、ビール愛好家の38%が「絶対にコロナビールを飲まない」と回答。コロナビールを製造するモデーロ社は米国市場向けに新商品の発売を予定していたが、急きょ発売延期を決めた。米国の輸入代理店にとって大打撃だろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  2. 2

    菅田将暉がミスキャスト?「コントが始まる」低迷の元凶

  3. 3

    眞子さま最終手段「一時金」辞退…それでも小室さんは愛を貫ける

  4. 4

    紗栄子は魔性の女…17歳アーティストYOSHIを骨抜きにした

  5. 5

    石橋貴明“オワコン老害”が一転 YouTube勝ち組に豹変の戦略

  6. 6

    小室ママ雲隠れ…眞子さま"代理解決"を急ぐ秋篠宮家の事情

  7. 7

    スギ薬局会長にワクチン優先予約 市が“特別扱い”した理由

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    ワクチン大規模接種センター 旅行代理店に業務委託のナゼ

  10. 10

    高橋洋一氏“さざ波”で炎上 エリートほど不用意発言のワケ

もっと見る