• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“戦犯”は投打の柱…藤浪とゴメスが虎の勝利を台無しに

 賽の河原で石を積むようなものだ。

 11日、阪神は投打が噛み合い、中盤まで広島を圧倒。先発の藤浪晋太郎(22)が六回まで1失点に抑えれば、6番のゴメス(31)も2年ぶりの20号本塁打と、勝利は目前だった。

 しかし、手中にしていたはずの勝ち星を捨て去ったのもこの2人だ。藤浪は七回に2安打を浴びると、無死一、二塁から犠打を送球ミス。ボールは右翼ファウルゾーンに転がり、この間に二塁走者が生還。1点差と詰め寄られた。

 さらに1死二、三塁の場面でゴロを捕球した一塁手のゴメスまで、本塁に暴投。走者2人がかえり、適時打なしで逆転されたのだ。

 阪神の低迷は金本監督の采配や選手起用によるところも大きいが、エースとチームトップの71打点の助っ人が致命的な失策をやらかしては、勝てるものも勝てない。「コメントのしようがない。(相手を)勝たせたようなもの」と指揮官が呆れたのも無理はないだろう。

 阪神は「超変革」よりも、一度すべてを完膚なきまでにぶち壊した方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

  10. 10

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

もっと見る