“戦犯”は投打の柱…藤浪とゴメスが虎の勝利を台無しに

公開日:  更新日:

 賽の河原で石を積むようなものだ。

 11日、阪神は投打が噛み合い、中盤まで広島を圧倒。先発の藤浪晋太郎(22)が六回まで1失点に抑えれば、6番のゴメス(31)も2年ぶりの20号本塁打と、勝利は目前だった。

 しかし、手中にしていたはずの勝ち星を捨て去ったのもこの2人だ。藤浪は七回に2安打を浴びると、無死一、二塁から犠打を送球ミス。ボールは右翼ファウルゾーンに転がり、この間に二塁走者が生還。1点差と詰め寄られた。

 さらに1死二、三塁の場面でゴロを捕球した一塁手のゴメスまで、本塁に暴投。走者2人がかえり、適時打なしで逆転されたのだ。

 阪神の低迷は金本監督の采配や選手起用によるところも大きいが、エースとチームトップの71打点の助っ人が致命的な失策をやらかしては、勝てるものも勝てない。「コメントのしようがない。(相手を)勝たせたようなもの」と指揮官が呆れたのも無理はないだろう。

 阪神は「超変革」よりも、一度すべてを完膚なきまでにぶち壊した方がいいかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る