• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

広島に大敗で嘆く虎ファンは“夏の甲子園”好投手に熱視線

 まさに貧すれば鈍す、だ。

 9日に行われた首位広島との3連戦初戦。Aクラス浮上のためにも負けられない阪神はしかし、序盤で先発岩貞が炎上。押し出し四球を含む4失点で、三回途中にKOされた。さらに2番手の松田も代わりばなに押し出し四球。終盤にもリリーフ陣が打ち込まれ、終わってみれば3-10の大敗だった。

 これには阪神ファンの佐藤司氏(神奈川大名誉教授)も、嘆くことしきり。

「巨人は広島にぴったりくっついて、良い流れは見えている。阪神も前半戦と比べて元気が出てきてはいるのですが、それでも本当の阪神の良さとは程遠い。いい傾向はないですね」

 その阪神の本拠地・甲子園では全国高校野球選手権、通称「夏の甲子園」が開催中。8日は履正社(大阪)の左腕、寺島(3年)が2安打11奪三振1失点の完投勝利。さらにこの日は横浜(神奈川)の先発右腕、藤平(3年)が七回途中までで13奪三振と、対戦した東北打線をきりきり舞いさせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る