• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

投手か遊撃手か 阪神「ドラフト戦略」鳥谷不振で定まらず

 球団もさぞかし困っていることだろう。

 29日の中日戦は先発の藤浪が初回にいきなり3失点。打線も中日投手陣の前に沈黙し、1-3で敗れた。

 チームのこの低迷が、球団のドラフト戦略にも影を落としていると、阪神OBがこう語る。

「阪神は先発、リリーフともに手薄のため、当初は今秋ドラフトで投手を上位指名したいと考えていた。田中正義(創価大)に加え、関西担当のスカウトが寺島成輝(履正社高)を高く評価している。しかし、不動のレギュラーだった鳥谷の不振によるスタメン落ちが続き、『ポスト鳥谷』として京田(日大)、吉川(中京学院大)という即戦力の遊撃手をリストアップせざるを得なくなった。投手にすべきか遊撃にすべきか方向性が定まらないのが現状だ」

 しかも、阪神の将来を背負って立つべき投手である藤浪はこの日も勝てず、これで今季は4勝7敗となった。ますます、どっちつかずの状態になりかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  4. 4

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  7. 7

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  8. 8

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  9. 9

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  10. 10

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

もっと見る