日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

スタメン落ち後は7勝1敗 阪神は鳥谷“代打”で留守がいい?

 すさまじいまでの代打成功率だ。

 8試合連続スタメン落ちとなった鳥谷(35)が2日のDeNA戦の七回無死一、三塁の場面で代打出場、勝ち越しの適時打を放った。そのまま遊撃守備に入ると、2打席目にも安打。代打成績は計6打数4安打で打率.667。スタメン出場時にはなかった活躍ぶりだ。

 鳥谷がベンチスタートになってから、チームは7勝1敗と絶好調。金本監督は先日、「(調子が)上がってきているけど、戻しどころが難しい。勝っているだけに。もし戻って、やっぱり調子が上がっていなかったら、そのときはどうするのかと。そこは配慮しないといけない」と鳥谷の起用について頭を悩ませていたが、チームがうまく回っている状況で、何も無理してスタメンに戻す必要はなかろう。

 むしろ、鳥谷が途中出場することは、本人にとってもプラスではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事