マーリンズ主砲スタントン 史上6人目60本塁打まであと4

公開日:

 メジャーを代表する長距離砲が大台到達に向けてカウントダウンに入った。

 マーリンズの主砲ジャンカルロ・スタントン(27)が20日(日本時間21日)のメッツ戦で56号2ラン。史上6人目の60本塁打に残り「4」とした。

 スタントンは5点リードの八回1死一塁で4番手右腕ゴーデルの変化球を捉えて左翼スタンドにライナーで叩き込んだ。

 シーズン60発以上をマークすれば、2001年にバリー・ボンズ(ジャイアンツ)が73本塁打を放って以来、16年ぶりの快挙となる。

 メジャー屈指の高給取り(13年総額374億円)であるスタントンは今オフのトレードが噂される。

 マーリンズは年俸の一部を負担するといわれるだけに、60本超えなら長距離砲を巡って争奪戦が展開されそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

  7. 7

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  8. 8

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  9. 9

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る