ヤンキースがつなぎ留めたい“本塁打王”ジャッジのお値段

公開日:  更新日:

 11日(日本時間12日)のオールスターはヤンキースの長距離砲アーロン・ジャッジ(25)が並み居るスター選手を抑えて話題を独占した。

 本番では不発ながら、前日の本塁打競争では出場選手最長の156メートル弾を含む計47発を放って優勝。ケタ違いのパワーを披露した。

■スポンサーは超一流扱い

 前半戦だけで30本を放ち、新人王と本塁打王のダブル受賞が有力視されるジャッジには早くもスポンサー企業が注目。米スポーツ用品メーカーが超大型契約を交わす方針だ。

 実質1年目のジャッジの今季年俸はメジャー最低保障の53万5000ドル(約6060万円)。早ければ19年終了後に年俸調停の権利を得るものの、来季以降も本塁打を量産するようなら調停の権利を手にする以前の大型契約も望める。メジャーでは実力が認められれば、若い選手でも長期の大型契約を交わすケースは少なくない。戦力としてはもちろん、球団の顔として集客などビジネス面でも期待できる。何より他球団への流出を食い止めるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  9. 9

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る