ヤンキースがつなぎ留めたい“本塁打王”ジャッジのお値段

公開日:  更新日:

 11日(日本時間12日)のオールスターはヤンキースの長距離砲アーロン・ジャッジ(25)が並み居るスター選手を抑えて話題を独占した。

 本番では不発ながら、前日の本塁打競争では出場選手最長の156メートル弾を含む計47発を放って優勝。ケタ違いのパワーを披露した。

■スポンサーは超一流扱い

 前半戦だけで30本を放ち、新人王と本塁打王のダブル受賞が有力視されるジャッジには早くもスポンサー企業が注目。米スポーツ用品メーカーが超大型契約を交わす方針だ。

 実質1年目のジャッジの今季年俸はメジャー最低保障の53万5000ドル(約6060万円)。早ければ19年終了後に年俸調停の権利を得るものの、来季以降も本塁打を量産するようなら調停の権利を手にする以前の大型契約も望める。メジャーでは実力が認められれば、若い選手でも長期の大型契約を交わすケースは少なくない。戦力としてはもちろん、球団の顔として集客などビジネス面でも期待できる。何より他球団への流出を食い止めるためだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  5. 5

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る