• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

マーリンズ身売りの波紋 イチローの来季再契約に“黄信号”

「来年は44歳。守備範囲にしても、データ上はメジャーの平均以下ですからね。これまでは純粋な戦力より、若手の教育係とか、日本での公式戦を視野に入れたビジネス面で評価されていた。けれども、経営者が代われば、チームづくりのスタンスもガラリと変わるでしょうからね」

 米大リーグ、マーリンズのイチロー(43)に関して、こう言うのはスポーツライターの友成那智氏だ。

 マーリンズは12日、サムソン球団社長が実業家のブルース・シャーマン氏や元ヤンキースのデレク・ジーター氏を中心とした投資家グループに球団を売却することで合意したと発表。譲渡額は約1300億円といわれる。同社長によれば、新たな編成責任者にはジーター氏が就くことが確実だという。

 イチローはマーリンズと年俸約2億2000万円の1年契約。来季、同額の年俸で契約するかどうかの選択権は球団側にあるが、今季は23日現在、打率・248、3本塁打、15打点、0盗塁。友成氏は「マーリンズがイチローと再契約する可能性は低い」と言うのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事