「中堅」最高齢のイチローが狙う“フランコ超え”の現実味

公開日: 更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史を塗り替えた。マーリンズ・イチロー(43)が25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」でスタメン出場。球団によれば、43歳246日での「中堅」先発出場は02年のリッキー・ヘンダーソン(当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢記録だという。

 1990年以降に限れば、野手のメジャー最高齢出場記録はロッテでもプレーしたフリオ・フランコ(当時メッツ)で、07年に49歳でプレーした。イチローは「50歳までプレーしたい」と話しているものの、フランコのように50歳近くまでメジャーでプレーできるのか。

「50歳まではともかく、44歳までプレーしたヘンダーソンよりは長くやれるのではないか。ヘンダーソンは1番打者として何より出塁を重視し、積極的に次の塁を狙う貪欲な姿勢が高く評価された一方で、試合中にトランプに興じたり、自己中心的な言動でクラブハウスの和を乱すこともあった。イチローはマリナーズ時代こそ、チーム成績よりも個人成績を重視していましたが、ここ数年はメジャーで求められる『フォア・ザ・チーム』に徹し、献身的な姿が目立つ。全盛期のような打撃は無理でも、守備や走塁でチームに貢献できる上、リーダー的存在としても期待できますからね」(アメリカ野球愛好会副代表、法大講師・鈴村裕輔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  6. 6

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る