「中堅」最高齢のイチローが狙う“フランコ超え”の現実味

公開日:  更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史を塗り替えた。マーリンズ・イチロー(43)が25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」でスタメン出場。球団によれば、43歳246日での「中堅」先発出場は02年のリッキー・ヘンダーソン(当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢記録だという。

 1990年以降に限れば、野手のメジャー最高齢出場記録はロッテでもプレーしたフリオ・フランコ(当時メッツ)で、07年に49歳でプレーした。イチローは「50歳までプレーしたい」と話しているものの、フランコのように50歳近くまでメジャーでプレーできるのか。

「50歳まではともかく、44歳までプレーしたヘンダーソンよりは長くやれるのではないか。ヘンダーソンは1番打者として何より出塁を重視し、積極的に次の塁を狙う貪欲な姿勢が高く評価された一方で、試合中にトランプに興じたり、自己中心的な言動でクラブハウスの和を乱すこともあった。イチローはマリナーズ時代こそ、チーム成績よりも個人成績を重視していましたが、ここ数年はメジャーで求められる『フォア・ザ・チーム』に徹し、献身的な姿が目立つ。全盛期のような打撃は無理でも、守備や走塁でチームに貢献できる上、リーダー的存在としても期待できますからね」(アメリカ野球愛好会副代表、法大講師・鈴村裕輔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    水道法改正の裏で…民間業者「水を止める」と住民“脅迫”

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  5. 5

    偶然なのか…「不適切入試」の医学部はなぜかブラック病院

  6. 6

    今度は雑誌がバカ売れ…女性の圧倒的支持を得た白石麻衣

  7. 7

    4K&8Kテレビの選び方は…両方導入したプロが基礎を解説

  8. 8

    家庭内でも孤立…貴乃花が妻と弟子にした“正座説教”1時間

  9. 9

    専門家が指摘…あおり運転は善良なドライバーもやっている

  10. 10

    上沼恵美子で騒ぐ連中の勉強不足…便乗TVもどうかしている

もっと見る