「中堅」最高齢のイチローが狙う“フランコ超え”の現実味

公開日:  更新日:

 メジャー最年長野手が、また歴史を塗り替えた。マーリンズ・イチロー(43)が25日(日本時間26日)のカブス戦に「1番・中堅」でスタメン出場。球団によれば、43歳246日での「中堅」先発出場は02年のリッキー・ヘンダーソン(当時レッドソックス)の43歳211日を抜いて史上最高齢記録だという。

 1990年以降に限れば、野手のメジャー最高齢出場記録はロッテでもプレーしたフリオ・フランコ(当時メッツ)で、07年に49歳でプレーした。イチローは「50歳までプレーしたい」と話しているものの、フランコのように50歳近くまでメジャーでプレーできるのか。

「50歳まではともかく、44歳までプレーしたヘンダーソンよりは長くやれるのではないか。ヘンダーソンは1番打者として何より出塁を重視し、積極的に次の塁を狙う貪欲な姿勢が高く評価された一方で、試合中にトランプに興じたり、自己中心的な言動でクラブハウスの和を乱すこともあった。イチローはマリナーズ時代こそ、チーム成績よりも個人成績を重視していましたが、ここ数年はメジャーで求められる『フォア・ザ・チーム』に徹し、献身的な姿が目立つ。全盛期のような打撃は無理でも、守備や走塁でチームに貢献できる上、リーダー的存在としても期待できますからね」(アメリカ野球愛好会副代表、法大講師・鈴村裕輔氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  9. 9

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る