ダルが自己ワースト10失点 肉体改造否定のイチローに痛打

公開日:

 レンジャーズ・ダルビッシュ有(30)がメッタ打ちされた。

 26日(日本時間27日)のマーリンズ戦に登板。3回3分の2を2本塁打含む9安打、10失点でKOされた。メジャー自己ワーストの10失点で、約1カ月半ぶりの白星となる7勝目を逃した。

 ダルは、1―2と1点ビハインドの四回に突然、乱れた。先頭打者から2連打で無死一、三塁とされると、3年ぶりの対戦となった6番イチローに甘く入った変化球を捉えられて右中間を破る二塁打を許す。イチローのメジャー通算3058安打目となる適時二塁打を足がかりに、大量点を奪われて交代を告げられた。

 ダルは15年に右肘のトミー・ジョン(腱の再建)手術後、継続的に肉体改造を図り、投手というより格闘家のような体をつくり上げた。

 ダルの肉体改造についてテレビ番組のインタビューに答えたイチローは「筋肉は大きくなるけどそれを支えている関節とか腱は鍛えられない。虎とかライオンはウエートトレーニングをしない」と否定的な見解を示した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る