連続表彰台逃すも…スキーHP小野塚は“兼任監督”で北京へ

公開日:

 フリースタイルハーフパイプ(HP)決勝で、ソチ五輪銅メダルの小野塚彩那(29)が5位に終わり、2大会連続の表彰台はならなかった。

 小野塚のベストスコアは82.20点にとどまり、90点台をマークした上位4人に大差をつけられた。

 大技を駆使する海外勢に屈した小野塚は「メダルは取れなかったが、ベストは尽くした。悔しいが、やり切れたことはよかった」と涙をのんだ。

 来月には30回目の誕生日を迎えるとあって、「今後のことは考えられない」とだけ話し、去就に関して明言は避けたが、2022年北京五輪までストックは置けそうにない。

 HPは前回ソチ大会から正式種目に採用され、今回で2度目の実施。アルペンやノルディックと比べ、競技人口は少ない。国内では昨年、初めて開催予定だった全日本選手権が、参加申込者数(男女計9人)が公認基準に満たなかったため、中止になった。現状、国内には小野塚を脅かすほどの若手選手は不在で、トップの座はしばらく安泰とみていい。第一人者だけに、競技人口の拡大、普及のためにも引退するわけにはいかず、小野塚はかねて「HPをメジャーにしたい」と話している。今後は自身の練習と並行し、全国各地でデモンストレーションしたり、選手の発掘に尽力しながら、北京五輪を目指すことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る