連続表彰台逃すも…スキーHP小野塚は“兼任監督”で北京へ

公開日:

 フリースタイルハーフパイプ(HP)決勝で、ソチ五輪銅メダルの小野塚彩那(29)が5位に終わり、2大会連続の表彰台はならなかった。

 小野塚のベストスコアは82.20点にとどまり、90点台をマークした上位4人に大差をつけられた。

 大技を駆使する海外勢に屈した小野塚は「メダルは取れなかったが、ベストは尽くした。悔しいが、やり切れたことはよかった」と涙をのんだ。

 来月には30回目の誕生日を迎えるとあって、「今後のことは考えられない」とだけ話し、去就に関して明言は避けたが、2022年北京五輪までストックは置けそうにない。

 HPは前回ソチ大会から正式種目に採用され、今回で2度目の実施。アルペンやノルディックと比べ、競技人口は少ない。国内では昨年、初めて開催予定だった全日本選手権が、参加申込者数(男女計9人)が公認基準に満たなかったため、中止になった。現状、国内には小野塚を脅かすほどの若手選手は不在で、トップの座はしばらく安泰とみていい。第一人者だけに、競技人口の拡大、普及のためにも引退するわけにはいかず、小野塚はかねて「HPをメジャーにしたい」と話している。今後は自身の練習と並行し、全国各地でデモンストレーションしたり、選手の発掘に尽力しながら、北京五輪を目指すことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る