• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

連続表彰台逃すも…スキーHP小野塚は“兼任監督”で北京へ

投稿日:

 フリースタイルハーフパイプ(HP)決勝で、ソチ五輪銅メダルの小野塚彩那(29)が5位に終わり、2大会連続の表彰台はならなかった。

 小野塚のベストスコアは82.20点にとどまり、90点台をマークした上位4人に大差をつけられた。

 大技を駆使する海外勢に屈した小野塚は「メダルは取れなかったが、ベストは尽くした。悔しいが、やり切れたことはよかった」と涙をのんだ。

 来月には30回目の誕生日を迎えるとあって、「今後のことは考えられない」とだけ話し、去就に関して明言は避けたが、2022年北京五輪までストックは置けそうにない。

 HPは前回ソチ大会から正式種目に採用され、今回で2度目の実施。アルペンやノルディックと比べ、競技人口は少ない。国内では昨年、初めて開催予定だった全日本選手権が、参加申込者数(男女計9人)が公認基準に満たなかったため、中止になった。現状、国内には小野塚を脅かすほどの若手選手は不在で、トップの座はしばらく安泰とみていい。第一人者だけに、競技人口の拡大、普及のためにも引退するわけにはいかず、小野塚はかねて「HPをメジャーにしたい」と話している。今後は自身の練習と並行し、全国各地でデモンストレーションしたり、選手の発掘に尽力しながら、北京五輪を目指すことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  4. 4

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  7. 7

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  8. 8

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

もっと見る