日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メダル第1号 “都会っ子”原大智を鍛えた海外での武者修行

 異色のモーグラーがまさかの表彰台に立った。

 12日のフリースタイルスキーの男子モーグル決勝で、原大智(20)が銅メダルを獲得。今大会の日本勢初のメダルにして、同種目で日本男子初の表彰台に上がり、「ただただうれしい。ホッとして、なんか、今までつらかったなって。去年も成績を残していないし、これが初めての表彰台。もう心がいっぱいです」と大興奮だった。

 大会前にメダルの期待を集めた昨年の世界選手権2冠の堀島(20)、五輪3大会連続出場の遠藤(27)が決勝2回目で転倒し姿を消す中、その2回目で12人中トップのスコアをマーク。1位でスーパーファイナルに進出すると、スピードに乗った果敢なターンと難度の高いエアで悲願のメダルを手繰り寄せた。

 冬季オリンピアンには珍しい、東京のど真ん中の渋谷区出身。冬になると毎週末、スキー経験のある父親が運転する車に乗せられ新潟県湯沢のゲレンデに通った。本格的に競技を始めたのは小学校6年生のとき。コブを滑るのとジャンプに魅了され、広尾中学を卒業と同時に「強くなりたい」とカナダへの単身留学を切望、4年間超、スキーの本場で技術を磨いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事