東京五輪はスケボーで 平野歩夢が本気で狙う連続メダル

公開日:

 王者にあと一歩及ばなかった。

 14日に行われた男子ハーフパイプ決勝で平野歩夢(19)は銀メダル。五輪2大会の金メダルを持つ王者、ショーン・ホワイト(31=米国)に2.5ポイント届かなかった。

「五輪は金メダルを取りたいという気持ちだけで勝てる大会ではない」と悔やんだ平野が見据える先は4年後……ではなく2年後。東京五輪で正式種目になったスケートボードで出場を目指しているのだ。そもそも、平野が4歳のとき兄・英樹(22)の影響で始めたのは、スケートボード。スノーボードを始めたのはその半年後だった。

 平野の母校である開志国際高校の関係者に聞くと、「高校入学時、すでに『スケートボードで五輪に出たい』と言っていました」と明かす。

「プロのスノーボーダーはオフシーズンでも室内ゲレンデなどを使って練習する選手が多い。平野も夏にスケートボードをやることで技術の向上につながりました。本校は2014年に開校して4年目で、平野は1期生。今年4月からスケートボード部を創設して、平野のように両立できる環境になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  4. 4

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  5. 5

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  6. 6

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  9. 9

    日ハム残留希望も…レアードを巨人・楽天・ソフトBが狙う

  10. 10

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

もっと見る