東京五輪はスケボーで 平野歩夢が本気で狙う連続メダル

公開日:

 王者にあと一歩及ばなかった。

 14日に行われた男子ハーフパイプ決勝で平野歩夢(19)は銀メダル。五輪2大会の金メダルを持つ王者、ショーン・ホワイト(31=米国)に2.5ポイント届かなかった。

「五輪は金メダルを取りたいという気持ちだけで勝てる大会ではない」と悔やんだ平野が見据える先は4年後……ではなく2年後。東京五輪で正式種目になったスケートボードで出場を目指しているのだ。そもそも、平野が4歳のとき兄・英樹(22)の影響で始めたのは、スケートボード。スノーボードを始めたのはその半年後だった。

 平野の母校である開志国際高校の関係者に聞くと、「高校入学時、すでに『スケートボードで五輪に出たい』と言っていました」と明かす。

「プロのスノーボーダーはオフシーズンでも室内ゲレンデなどを使って練習する選手が多い。平野も夏にスケートボードをやることで技術の向上につながりました。本校は2014年に開校して4年目で、平野は1期生。今年4月からスケートボード部を創設して、平野のように両立できる環境になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る