• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

東京五輪はスケボーで 平野歩夢が本気で狙う連続メダル

 王者にあと一歩及ばなかった。

 14日に行われた男子ハーフパイプ決勝で平野歩夢(19)は銀メダル。五輪2大会の金メダルを持つ王者、ショーン・ホワイト(31=米国)に2.5ポイント届かなかった。

「五輪は金メダルを取りたいという気持ちだけで勝てる大会ではない」と悔やんだ平野が見据える先は4年後……ではなく2年後。東京五輪で正式種目になったスケートボードで出場を目指しているのだ。そもそも、平野が4歳のとき兄・英樹(22)の影響で始めたのは、スケートボード。スノーボードを始めたのはその半年後だった。

 平野の母校である開志国際高校の関係者に聞くと、「高校入学時、すでに『スケートボードで五輪に出たい』と言っていました」と明かす。

「プロのスノーボーダーはオフシーズンでも室内ゲレンデなどを使って練習する選手が多い。平野も夏にスケートボードをやることで技術の向上につながりました。本校は2014年に開校して4年目で、平野は1期生。今年4月からスケートボード部を創設して、平野のように両立できる環境になりました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る