• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「不愉快犯」木内一裕著

 三鷹署の新米刑事・兼子は先輩の佐藤と、人気ミステリー作家・成宮の妻・瑠璃子が失踪した事件を捜査。

 事件は、配達人が家の異変に気づいて通報して発覚した。3日前から仕事場代わりのホテルに滞在していた成宮は、兼子らに教えられるまで妻の失踪には気づいていない様子だった。成宮によると、妻との仲は冷えており、瑠璃子は浮気をしていたという。やがて現場から強姦殺人の前科がある菅野の指紋が検出される。成宮に確認すると、以前、取材で菅野に会ったことがあるという。成宮が菅野に瑠璃子の殺害を依頼したのではないかと疑う兼子だが、捜査は進めば進むほどあらぬ方向へ。

「完全犯罪」を試みた遺体なき殺人事件を描くエンターテインメント。

(講談社 720円+税)


日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のBOOKS記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  10. 10

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

もっと見る