有村架純が語る理想のプロポーズは「夜景の見えるところ」

公開日:  更新日:

 16日、特別な輝きを持つ女性を表彰する「フォーエバーマーク賞」の授賞式に出席した有村架純(21)。

 同賞はこれまで黒木メイサ(26)、小雪(37)、松嶋菜々子(40)、黒木瞳(53)が受賞してきたが、有村が最年少受賞記録を更新した。300万円相当の1・3カラットのダイヤがあしらわれた特注ネックレスを贈られた有村は、「光栄です。身が引き締まる思い」と緊張の面持ちだったが、理想のプロポーズについて聞かれると「記念になるので、ベタですけど夜景が見えるところがいい。(婚約指輪は)やっぱりダイヤモンドにこだわったものがいいですね」と冗舌に。

 結婚願望の強さがにじみ出ていたが、来月には舞台「ジャンヌ・ダルク」の開幕を控えているため、毎日8時間の稽古漬け。左手薬指がダイヤで輝くのは、かなり先になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  7. 7

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る