片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

昭和44年の朝日新聞に掲載された母親からの「悩み相談」

公開日: 更新日:

 清志郎の回想録によると、母親は学校の父兄参観日には真っ先に顔を出すタイプ。清志郎が先生の質問に答えられないでいると、すっ飛んできて「清志(清志郎の本名)、なんでこんなことがわからないの」と机を叩くのだという。清志郎は「オレは真っ赤になって余計にしゃべれなくなった」と語っている。

 その育ての母も86年に72歳で亡くなった。

「あれほどプロになることに反対されたお母さまですが、清志郎がデビューした時、『いただいたファンレターには必ずお返事を書きなさい』と伝えたそうです。言い付けを守ったのか、清志郎さんはファンの手紙には必ず目を通していましたね」

 清志郎は中学1、2年の頃には、自分が養子だと気付いていたという。

「深刻な感じではなく、『ジョン・レノンも伯母に育てられたし、オレもいつか数奇な境遇を使ってみようと思ってた』なんて話していましたね」
(つづく)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    小林浩美LPGA会長 前代未聞「表彰式」ブチ切れすっぽかし

  2. 2

    “桜疑惑”突然の捜査…安倍応援団「菅首相裏切り」への疑心

  3. 3

    広瀬アリスが「七人の秘書」の撮影現場で見せた粋な心配り

  4. 4

    安倍前首相「桜」捜査 カギ握る“闇任務”秘書と河井前法相

  5. 5

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  6. 6

    安倍前首相「桜疑惑」補填費用900万円の謎 原資は機密費か

  7. 7

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  8. 8

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  9. 9

    辻元清美氏が菅政権をバッサリ「古い、出がらし政権だ」

  10. 10

    伊藤健太郎を待ち受ける生き地獄…違約金・慰謝料・引退説

もっと見る