桧山珠美
著者のコラム一覧
桧山珠美コラムニスト

大阪府大阪市生まれ。出版社、編集プロダクションを経て、フリーライターに。現在はTVコラムニストとして、ラジオ・テレビを中心としたコラムを執筆。放送批評誌「GALAC」に「今月のダラクシー賞」を長期連載中。

江口洋介に渡部篤郎 役者は50歳になると“いい味”が出る

公開日:

 春のドラマが始まっている。ドラマなんてしょせん女子供の見るものなどとバカにしていたらソンをする。今期は大人の男が楽しめる作品がちらほら。

 たとえば、テレビ東京系月曜22時の「ヘッドハンター」。4月に新設されたドラマ枠「ドラマBiz」の第1弾でヘッドハンター界の異端児・黒澤和樹を通じ、転職にまつわる人間模様を描く。

 初回は音響機器のエンジニアが「あなたの値段知りたいと思いませんか」と声を掛けられたが、なかなか煮え切らない感じに、いたく共感。家族もいるし、住宅ローンもあるし、一から人間関係を構築するのは面倒……と転職に踏み切れない気持ち、痛いほどわかる。

 脚本は「医龍」「ハゲタカ」の林宏司。昨今のチャラいドラマにいい加減飽きていたので待ってましたという感じ。主演は江口洋介。「ガイアの夜明け」の案内人を務める江口とナレーターの杉本哲太、さらに江口のライバルに「カンブリア宮殿」の小池栄子と、テレ東の経済番組3人が揃っているのが面白い。1話完結なので見られる時に見ればいいというサラリーマンに優しい作品だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る