片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「雨の日にいかれちまった」愛車の日産サニークーペ秘話

公開日:

 清志郎は、不遇の時代に手に入れた中古の日産サニークーペを何年も恋人のように愛し続けた。最後は片方のライトがいかれ、鍵もかからない。

♪この雨にやられてエンジンいかれちまった 俺らのポンコツとうとうつぶれちまった

 大ヒット曲「雨あがりの夜空に」(1980年、作詞・作曲=忌野清志郎、仲井戸麗市)は、そんな愛車への惜別を歌ったものだ。歌詞は、♪こんな夜におまえに乗れないなんて~と続き、ついに廃車の憂き目に遭う。そして、同じ車をまた買う。

「食べ物も、一度お気に入りになると、何度も同じ店に通っていましたね。その中の一軒が、新中野の『四国屋』さん。手打ちうどんに凝って、ツーリングのメンバーで行ったりしてました。青山のこどもの城(3年前に老朽化で閉館)の近くにとんかつ屋さんがあって、今はビルに変わっていますけど、そこのかつ丼も好きでした。確か、木造2階建ての古い一軒家で、とても小さな店。名前はなんて言ったかなぁ……、そう、三河屋さん。30年くらい前に、野音(日比谷野外音楽堂)の楽屋で、『三河屋に寄ってかつ丼を食べた』って言うんですね。『ライブ前には、かつ!(勝つ)って感じがいいんだよな』って。知る人ぞ知る小さな名店で、ひとりかつ丼を食べているロックスター。今も思い浮かびますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る