片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

「雨の日にいかれちまった」愛車の日産サニークーペ秘話

公開日: 更新日:

 清志郎は、不遇の時代に手に入れた中古の日産サニークーペを何年も恋人のように愛し続けた。最後は片方のライトがいかれ、鍵もかからない。

♪この雨にやられてエンジンいかれちまった 俺らのポンコツとうとうつぶれちまった

 大ヒット曲「雨あがりの夜空に」(1980年、作詞・作曲=忌野清志郎、仲井戸麗市)は、そんな愛車への惜別を歌ったものだ。歌詞は、♪こんな夜におまえに乗れないなんて~と続き、ついに廃車の憂き目に遭う。そして、同じ車をまた買う。

「食べ物も、一度お気に入りになると、何度も同じ店に通っていましたね。その中の一軒が、新中野の『四国屋』さん。手打ちうどんに凝って、ツーリングのメンバーで行ったりしてました。青山のこどもの城(3年前に老朽化で閉館)の近くにとんかつ屋さんがあって、今はビルに変わっていますけど、そこのかつ丼も好きでした。確か、木造2階建ての古い一軒家で、とても小さな店。名前はなんて言ったかなぁ……、そう、三河屋さん。30年くらい前に、野音(日比谷野外音楽堂)の楽屋で、『三河屋に寄ってかつ丼を食べた』って言うんですね。『ライブ前には、かつ!(勝つ)って感じがいいんだよな』って。知る人ぞ知る小さな名店で、ひとりかつ丼を食べているロックスター。今も思い浮かびますね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  6. 6

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  7. 7

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  8. 8

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る