全身がんから5年 樹木希林が辿り着いた“人生の達人”の境地

公開日:

「体調、悪いんですよ。だからこういうところに連れて来ないで」

 樹木希林(75)はこのほど、映画「モリのいる場所」の都内での完成披露試写会でそう語った。元気そうに見えるのは「瞬間芸で、皆が帰った後にガクーッとくる」のだと明かした。

 今月17日の夕方には、自宅の椅子に座りながら気絶、そのまま前方に転倒したそうで、額をぶつけた際のたんこぶをマスコミに披露。「首の筋も違えて、首が回らないの。お辞儀がしづらい」とあっけらかんと言って、記者たちを驚かせた。

 樹木が「全身がん」を告白したのが2013年。翌14年にがん治療を終えて以降も体調不良が続いているらしいが、毎年5月にフランスで開催されるカンヌ国際映画祭には今年も行く予定だそうだし、今も売れっ子で出演オファーが引きも切らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  5. 5

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  6. 6

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  7. 7

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  8. 8

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  9. 9

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  10. 10

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

もっと見る