全身がんから5年 樹木希林が辿り着いた“人生の達人”の境地

公開日: 更新日:

「体調、悪いんですよ。だからこういうところに連れて来ないで」

 樹木希林(75)はこのほど、映画「モリのいる場所」の都内での完成披露試写会でそう語った。元気そうに見えるのは「瞬間芸で、皆が帰った後にガクーッとくる」のだと明かした。

 今月17日の夕方には、自宅の椅子に座りながら気絶、そのまま前方に転倒したそうで、額をぶつけた際のたんこぶをマスコミに披露。「首の筋も違えて、首が回らないの。お辞儀がしづらい」とあっけらかんと言って、記者たちを驚かせた。

 樹木が「全身がん」を告白したのが2013年。翌14年にがん治療を終えて以降も体調不良が続いているらしいが、毎年5月にフランスで開催されるカンヌ国際映画祭には今年も行く予定だそうだし、今も売れっ子で出演オファーが引きも切らない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  4. 4

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  5. 5

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  6. 6

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

  7. 7

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  8. 8

    今度は福留が退団 功労者を冷遇する阪神と矢野監督の愚行

  9. 9

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

  10. 10

    沢田研二に不倫と別居説…自宅周辺の聞き込みは即バレした

もっと見る