片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

義父に結婚を反対され「売れるため」に化粧を始めた

公開日: 更新日:

 清志郎が初めて化粧をしてステージに立ったのは、1978年の9月17日、渋谷のライブハウス「屋根裏」だったとされる。本人は「冗談で始めた」と語っていたが、本当のところはどうだったのか。

「私たちが石井さん(旧姓)と呼ぶ、のちの清志郎さんの奥さんに、化粧品会社の美容部員をしている友人がいらして、いただいた試供品がたまたま自宅にあり、それで始めたという説があります。石井さんのお話だと、ステージに上がる時はあのメークですが、自宅ではもっと違った意味で奇抜だったらしい。彼女が『ただいま』と帰宅すると、目の周りを真っ黒に塗ったサングラスみたいなメークの彼がいて、思わずのけぞったというエピソードもありました」

 周囲を驚かせようという彼なりのちゃめっ気だったのだろう。

「ただ、本当の理由は『売れたい』という切実な思いからかもしれません。当時、清志郎さんは石井さんとの結婚を真剣に考えていて、どうしても収入を安定させる必要があった。というのも、義父が2人の結婚に反対で、怒鳴り込んできたこともあったそうなのです。RCサクセションは72年に『ぼくの好きな先生』がヒットしましたが、その後しばらく低迷しました。その時、怒鳴り込んできた義父から『稼ぎはいくらある?』と聞かれた清志郎さんは、とっさに『10万円です』と答えたそうです。実際は7万円足らずで見えを張ったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

    米国に37歳差カップル誕生 年上彼女は「彼の子供を産みたい!」

  2. 2
    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

    「ねえ、あなた。2人で住み込みの管理員をしましょうか」と妻が言い出した

  3. 3
    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

    東大刺傷事件 逮捕の17歳少年が「勉強」と題しつづった卒業文集と意外な家庭環境

  4. 4
    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

    「ジョブチューン」で有名シェフが難クセ炎上 コンビニ商品の品質はもはやプロの味をしのぐ

  5. 5
    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

    黒木華「ゴシップ」低迷で…気になる野村周平の「女ども」発言の影響

もっと見る

  1. 6
    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

    Netflix「新聞記者」海外でも高評価 現実と同じ不祥事描写に安倍夫妻“真っ青”

  2. 7
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  3. 8
    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

    嵐・松本潤ファンが驚いた映画大ヒットと超細身「スーツのサイズは女性の7号?」

  4. 9
    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

    まさに「老害」…“社長キラー”と呼ばれた旭化成の宮崎輝

  5. 10
    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷

    東大刺傷事件で逮捕された少年は医学部志望 “神童”でも苦悩しもがく超難関校の過酷