片岡たまき
著者のコラム一覧
片岡たまき

神奈川県平塚市出身。元RCサクセション・マネジャー兼衣装係。夫は「パスカルズ」のバンドマスター、ロケット・マツ氏。著書に「あの頃、忌野清志郎と」(宝島社)。

義父に結婚を反対され「売れるため」に化粧を始めた

公開日: 更新日:

 清志郎が初めて化粧をしてステージに立ったのは、1978年の9月17日、渋谷のライブハウス「屋根裏」だったとされる。本人は「冗談で始めた」と語っていたが、本当のところはどうだったのか。

「私たちが石井さん(旧姓)と呼ぶ、のちの清志郎さんの奥さんに、化粧品会社の美容部員をしている友人がいらして、いただいた試供品がたまたま自宅にあり、それで始めたという説があります。石井さんのお話だと、ステージに上がる時はあのメークですが、自宅ではもっと違った意味で奇抜だったらしい。彼女が『ただいま』と帰宅すると、目の周りを真っ黒に塗ったサングラスみたいなメークの彼がいて、思わずのけぞったというエピソードもありました」

 周囲を驚かせようという彼なりのちゃめっ気だったのだろう。

「ただ、本当の理由は『売れたい』という切実な思いからかもしれません。当時、清志郎さんは石井さんとの結婚を真剣に考えていて、どうしても収入を安定させる必要があった。というのも、義父が2人の結婚に反対で、怒鳴り込んできたこともあったそうなのです。RCサクセションは72年に『ぼくの好きな先生』がヒットしましたが、その後しばらく低迷しました。その時、怒鳴り込んできた義父から『稼ぎはいくらある?』と聞かれた清志郎さんは、とっさに『10万円です』と答えたそうです。実際は7万円足らずで見えを張ったようです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    日産の“暴君”と対決した元広報マンはゴーン事件をどう見る

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    上沼恵美子が試される…フジテレビの“実験”は吉と出るか

  5. 5

    また怪統計か 2018年「貯蓄ゼロ世帯」大幅改善のカラクリ

  6. 6

    トランプに平和賞?推薦した安倍首相に問われる“見識”<上>

  7. 7

    元スピードスケート五輪銅 山中宏美さんは銭湯でヨガ講師

  8. 8

    野茂英雄氏と借金トラブル 元1億円投手の佐野慈紀さんは今

  9. 9

    遠のく錦織GS制覇…稚拙なチームとマネジメントに疑問の声

  10. 10

    嵐活動休止で次なる独立&解散は「関ジャニ」か「KinKi」か

もっと見る