広瀬すず大失態に落胆の声…下手すぎ紅白司会の重篤後遺症

公開日:  更新日:

「まあNHKは、彼女の19年上半期の朝ドラ主演を1年以上前に発表したくらいですから、彼女には相当期待していたんでしょうね。しかし、18年1月期の日テレの主演ドラマが大コケしてしまった。それで慌てたNHKが番宣のためにキャスティングしたという事情があるのでしょう」

 確かにここ数年、朝ドラや大河ドラマのヒロインが紅組司会を務めるのが定番となっているが、堀北真希(12年=当時24歳)、綾瀬(13、15年=同28、30)、吉高由里子(14年=同26)、有村架純(16、17年=同23、24)の中でも、20歳の広瀬の若さは突出している。二の腕ムキ出しの衣装が男性ファンを喜ばせたことは確かなのだが、“若さゆえ”の力不足・経験不足を露呈し、視聴者をガッカリさせてしまったら元も子もない。司会失格の後遺症はかなり尾を引きそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る